NEWS

裁判基準以上の金額を示談交渉で獲得した事例

  1. ■事案の概要
  2. Xさんは、バイクを運転中,前の車両が後方を確認せずにバックしたため接触し、後遺障害等級14級9号と認定されました。
    Xさんは、①傷害慰謝料、②逸失利益、③後遺障害慰謝料を請求することになりましたが、裁判基準の金額と保険会社の提示額は以下のとおりでした。

    (裁判基準の金額)
     ① 傷害慰謝料    170万円
     ② 逸失利益      78万円
     ③ 後遺障害慰謝料  110万円

    (保険会社の提示額)
     ① 傷害慰謝料    132万円
     ② 逸失利益      50万円
     ③ 後遺障害慰謝料   77万円

  3. ■当事務所の交渉結果
  4.  ① 傷害慰謝料    170万円
     ② 逸失利益     118万円
     ③ 後遺障害慰謝料   99万円

  5. ■ポイント
  6. 逸失利益は、事故前年度の収入を基準にして計算されるのが一般的です。しかし、転職等の関係で、事故前年度の収入が実態を反映していないこともあります。
    本件も、事故前年度の収入を基準にすることに疑問があるケースでしたので、保険会社と交渉し、後遺障害慰謝料を1割譲歩する代わりに、実情に即した収入を基準に逸失利益を算定してもらった結果、交渉を開始してから1か月程度で、裁判基準以上の金額の獲得に成功しました。
©︎ ATSUMI LAW OFFICE.